元板前の学校給食調理(プロ用)

今年度いっぱいで給食が廃止となる事になりました。 最後の記録を記すことにしました。

<休日も料理 ㊴>低糖質な食事・チートデイ

 例年、夏の健康診断前ダイエットしています。

 

そこそこの運動を併用しているのもあって、ガンガン体脂肪が落ちています

 

写真撮り忘れたけど、夕食の主食低糖質ピタパを今日も作りました。

 

 <低糖質な夕食>

f:id:DDAI:20190720205813j:plain

 5分もあれば完成します。

 

 <中身はこんな感じが多い>

f:id:DDAI:20190720220941j:plain

 

 ピタパは適当なサラダっぽい生野菜と肉を挟むのが定番。

肉は鶏むね肉が大半ですが、今日は鶏肉1個牛肉1個にしてみました。

 

 肉にはスパイスを効かせるのが、自分の中で流行っている。

鶏はコショウとかチリパウダー系。

牛肉にニンニクとガラムマサラで味付けするのが好き。

 

 あとは、モヤシ炒めに適当な温野菜と肉や魚を乗せます。

それなりに品目は増やしたいけれど、面倒なので冷凍野菜をよく使います。

 

 ブロッコリーともやし欠かせないけど、あとは適当。

ニンジン、トマト、大根とかまで制限はしていません。

ただ、さすがに芋類、トウモロコシ、レンコンなどは避けています。

 

 

 我ながら、美味しいので満足です。

糖質も平均で10g程度だと思う。

 

 よく、ピタパ売って欲しいと言われますが売りません

 

 

・チートデイ

 

 そろそろ停滞期に入りそうなのでチートデイを設けなければ。

 

 この前、をついているダイエット番組を見かけました。

 

 同じテレビを見て騙されてい「あれはです」

チートデイは「太っている人には関係ありません」と言ったら「テレビで言っていたのよ!」と食い下がってきましたので「ああ、そうですか、それは大変ですね」と返答しておきました。

 

 テレビのダイエット企画に選ばれるような、極度の大デブにそんなものは必要ないです。

 

 恐らく、一般視聴者の知らない情報を入れる事により、気を引こうと考えたのでしょう。

 

 そのレベルの人は、運動すらしなくても普通の食事をしているだけで、「極度の大デブ→大デブ→デブ」くらいには自然になります。

 

 恐らく元が太りやすい体質なのだろうから、その先の「デブ→小太り→標準」運動も併用しないとなかなか厳しいと思います。

 

 

 

 

 そして、その先を目指す場合にチートデイが必要になってくるのです。

 

 男性で体脂肪率25%を超えている人には関係ありません

20%くらいになる迄は、頑張って地道に痩せるのが良いです。

 

それと、停滞期に入ったなと確証があってからやるので十分です。

慣れていないと、自分がどの段階なのかとの判断はできません

 ベストな効率ではありませんが、やるだけやってみて限界を感じたら取り入れれば良いのです。 

早めにやっても無駄に太るだけです。

 

 

 あと、頻度レベルによって変わるそうなのでお気を付けください。

  • 20%前後:2週間に1度
  • 15%以下:10日に1度
  • 10%以下:1週間に1度
  • 7%以下:4日に1度(このレベルは体感していない)

 9%まで落としたことがありますが、確かにこんな感じな気はします

 

 私も学生時代は運動をしていたのもあって最高「108kg」まで行ったことがあります。

 食べる量も4kgくらいはさほど問題無く食べられたので、頑張れば大食い大会の予選くらいは何とかなったとは思います。

 

 今では、65~75kgくらいで推移していますので、どちらかと言うと太りやすい体質なので、食には気を付けています。

 

 いうなれば、栄養学、調理技術、運動は「実践派」です。

(サプリも勉強して個人輸入して多種を試しています)

そこまでハイレベルなトレーニングをしている訳ではありませんが

だらしのない体をした「机上の空論の栄養士」など問題になりません

 

 

 

 

 普通のレベルのチートデイは好きな物を、1日で「体重×40~50kcal」食べる感じですが、ビルダーレベルの方はチートデイでも脂肪はあまり取ってはいけないそうで、つぶあんをバクバク食べるのを目撃したことがあります。

 

 ハイレベルな方は、ストレス解消にも使えるはずのチートデイすら工程の一つくらいにしか考えていないようです。

 

 まさに「生活の全てを捧げた感じ」であり狂気すら感じました。

 

 私はビルダーの人に教わって知りましたが、チートデイをやる際はその時々の最新情報を調べてやった方が良い

 

 レーニング理論や栄養学ってコロコロ変わるので、2年に1回くらいは確認しないと愕然とすることがあります。

 

 今、私が言っていることも人に教わった事です。

数年したら「間違えだった」ってな可能性も十分にありますのでご注意ください